がっつりネタふり


by dc2keeper
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

みなさまこんちくわ
DC2Keeperさんですよ。ごぶさたりんこさんです。

日々、いろいろ吸収させてもらっております。
インターネットで広告を打つものとして専門用語っぽい用語を仕入れたので、
今日はこの話題。

「欲望創出広告」、「欲望実現広告」という言葉を聴いたことがあるでしょうか。
これはタウンページに載っていた言葉。

テレビ、ラジオ、新聞などに掲載されている広告は、欲望創出広告というのだそうです。

これに対し、タウンページなどに掲載されている広告は、欲望実現広告というのだそうです。

へー。


タイムリーにニーズをキャッチするものとして認知されているタウンページだからこそこの言葉を堂々と使うことができるのだなと思いました。


最近、欲望実現広告のジャンルに入るホームページを作らせていただいたのですが、SEO対策をしないと、何にも欲望実現広告にならないのだなと痛感させられます。


インターネットは欲望を実現する場所が多く、それこそ、創出型となるには一定期間の活動を持って信頼を得ていく必要があります。
ドメインをとったところで認知されるわけでもなくアドレスを教えてもまずは検索をしてみるという女の子がとても多い。とってもこの事実を会話のなかから聞きだすことができました。


「ホームページ作ったんですよー。」「へー、なんて入れたら出てきますか?」


と、非常にショックだったのを覚えています。二言目にはすでにSEOな話が。どの検索エンジンともつかない、単語の世界。
当然会話としては、(情けないことに)「どの検索エンジン使ってます?」から、「こっちを使ってみてくださいね。」という会話。
あるいは、「検索を使っているんですか?アドレスを打ってもらえますか?」という会話。予算、策がないホームページは二言目三言目で案内が必要となってくる。

インターネットは普及しているもののいわゆる初心者層、一元さんすべてを取り入れるホームページ作りってとっても難しいですね。
[PR]
by dc2keeper | 2005-09-16 14:31 | Blog, ネットビジネス
みなさまこんちくわ

牛乳の賞味期限が一日切れていることに気づいたDC2Keeperです。
なんか気持ち悪くなってきた。

ホームページを作った!?
もう少しつめなければいけないが、なかなかえがった。
しかし、世間一般に広めるにもう少し手を加えなければいけない仕事。

「軽く、スマートにする」
「SEO(だっけ?)対策」
「アクセシビリティ、UI再考」

こんなところかな…。

はてさて、ページ公開!となったとき、
みなさんはどのようなことに気を遣いますか?
[PR]
by dc2keeper | 2005-09-12 19:02 | Blog, ネットビジネス
みなさまこんちくわ
最近、中部に住んでいるDC2Keeperです。

中部経済サミットという番組を見た、(東海地方のフジテレビ(東海テレビ)、13時くらいから)
これ自体は、8月29日にどこかのホテルで開催されたものらしい(検索結果では)。

中部の経済は元気といわれるがその粋を見た気がする。
東海テレビではこんな番組をやっているんですね。東京の人は見ることができないわけだ。

田原総一朗の司会で、TOYOTAの張さん、東洋大学の教授(葛西さん)、JR東海の松原さん、伊藤忠商事の丹羽さんが出演。すごい提言をたくさん聞くことができた。

知っている人には知っていることで終わってしまった内容だとは思う。ただ、経済初心者の私にはとっても勉強になる基礎的なことをこのサミットで聞くことができた。

話は、中部、愛知、名古屋の好調は万博の一時的なものであること。この後の活性持続を観光面で実現していきたいという話がひとつ。次に名古屋の堅実な経営体質はどこからきているのか、これがひいては他の地方と都市部の経済格差との関連とどう関係してきているのかといった話。最後に、日本経済や企業の経営についての提言をしていた。

心に残ったのは、伊藤忠商事の丹羽さん。経営者として君臨していた当時(社長)、諌言するひとがいなくなり会長業に退き、すぐに取締役も辞任した。
成功する企業の3原則、
顧客、???、変革(ひとつは忘れた)
失敗する企業の3原則、
思い上がり、保守的、自己満足
なんだか、たくさんの中国の書を読んでいるのでサミットなのに講義のようになっていたが、とっても勉強になった。
帝王学の有名な本のことも紹介していた、唐の時代の本で、せいじょうなんとか、だったかしら、一番国家して長く繁栄した唐のトップがまとめた本だそうで、TOYOTAの社長も読んでいるだろう、読んでいなくても、古くは徳川家康が読んでおり、名古屋人にはそれが根付いているとも言っていっていた。
こういう世界があるんですね。
そして、名古屋はなるべくしてなっているんですね。

名古屋の経済が元気だというのは本当だったのだとその土地を見ている人の話を聞いて本当に感じました。
[PR]
by dc2keeper | 2005-09-04 15:53 | ビジネス