がっつりネタふり


by dc2keeper
カレンダー

<   2005年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

GTA が神奈川において有害図書に選ばれたそうだ。

みなさまこんばんわ。
グランドセフトDC2Keeperです。

中日新聞の記事では次のように述べている。

 「グランド・セフト・オート3」は、銃などで人を次々と殺傷して得点を稼ぐゲーム。国内では二〇〇三年九月に発売、今年四月までに約三十五万本を売り上げた。メーカーの自主組織「コンピュータ・エンターテイメント・レーティング機構」(CERO)の区分では十八歳以上が対象だが、販売規制はなく量販店などで他のソフトと同様に販売されている。


コアゲーマーDC2Keeperも四捨五入したら30歳になるが、18くらいのときからやっているGTAをいまさら有害図書にするってのは、どうなんでしょうね。


熱いゲームっすよ。これは。

ただ、有害なのは間違いない。
有害度では、Hitmanもかなりやばいので、神奈川県の公的機関の人は早くチェックしたほうが良いですよ。


いや、でもHitmanをやったことある人にはこういう風に紹介してあげられる。
GTAはHitmanの比じゃない。
ゲームと言うバーチャルの世界だからこそ出来る自由奔放な殺戮。

いち早く、日本に輸入してPCゲームで流行っちゃった。
それが、家庭用ゲームに移植されちゃったのが問題なんだろうね。


PCの世界はこの手のえぐいゲームは今でも連綿と作られております…。



PCでゲームをやる醍醐味は、こういったコアなゲームを楽しめるっつーことですね。


中毒性で言ったら、ガンダムネットワークオンライン(GNO)がかなりやばいでしょうね。
http://www.gno.ne.jp/

廃人になりたい方はどうぞ。



おっと、ここはコアなゲームサイトじゃなかった…。



XBOX360楽しみですねー。
ぴかちゅーかわいいなー。



6月25日スターウォーズ先行オールナイトらしいっすよ。



あ、コアな情報ながしちゃだめだ…。



ん、待てよ。
お勧めしたら、私も罰金30万円なんだろうか。



過去に何人お勧めしたことか。
[PR]
by dc2keeper | 2005-05-31 02:37 | ゲームネタ
エンタメブログをはじめます。


カテゴリを追加せずにこちらはこのトーンで続けます。
映画とか、テレビとか、音楽とか、
ジャンルが多すぎるのでそれでまとめようと思いました。


そんなわけで、
http://d.hatena.ne.jp/fatboyslim/
をよろしく。


このEXBLOGの方がきれいでニュースをお伝えしやすいんですがね…。
んなわけで、運用方法は検討中。
とにかく、エンタメなネタをどこかにまとめようと思った次第です。
ずっと前からはてなは登録してあったのでやるだけやってみてだめだったら、
作ります(゜∀゜)
はてな自体使い倒すと、相当きれいなものになるのでしょうね。
きれいなものになるまでの敷居が高いのがはてな、
きれいなものになるのが早いのが、Exblogと認識しております。


画像を他のサイトからぱくってきて載せちゃうこのEXBLOGはすごいと思う次第です。


はてなの、管理画面をみててすごいなと思ったのは、
インポート、エクスポートの機能があること。

これは…。もうすでにブログの主要機能となっているのだろうか…。


つーか、
たまに見て気に入っているテレビのリストが終われば終わるブログになるのだろうか…。
[PR]
by dc2keeper | 2005-05-31 01:31 | News、Blogへのコメント
みなさまこんばんわ
ゲーマーDC2Keeperです。



ギャンブルはやりません。
なぜなら、お金がかかるから。

でもゲームはやります。
なぜなら、面白いから。



そんな僕の悩みは、ギャンブルにはまれないこと。
いや、行かないんだからいいじゃんって話じゃありません。


マージャンのお誘いが一番困るんです。
なぜって、そんなにお金をかける気ないからね。
あ、違法らしいけどね、お金かけると。

ゲームセンターに行くお金は確保してても、
そんなにお金を確保してないわけですよ。(一卓480円とかね。)
500円あったら1時間は遊べるっての。


ただ、麻雀、マージャン大好きなんですよ。
これに限らず、トランプもなんでも大好きなんですよ。
ゲーム好きってのはゲームが好きなんだけど、賭け事が好きじゃないんですね。

儲かれば面白いでしょうけど。


どうすればいいんでしょうね?
かけゲームでもするしかないですね。


自分のフィールドに引き込んでなおかつかけて巻き上げるって。
よく考えたらひどいやつらだ。

「付き合い」っていうジャンルに早く、「ゲーセン」が入らないかな。


そんなビジネスモデルを考えたりする今日この頃。
ゲーム喫茶って、付き合いでいけるところだったはずだよね。



ちなみに、私は現在のゲームセンター世代です。



そんな私がはまった楽しいゲーム、これが人生ゲーム、ウノ、賞品付です。
温泉にみんなで遊びに行くときにカンパしてもらって景品を買っていっただけなんです。これが面白い面白い。景品もいい奴を買っていくから楽しみが増えました。
上限があればいいんですよね。賭けでも。
[PR]
by dc2keeper | 2005-05-30 00:57 | ゲームネタ
みなさまこんちくわ
サンデープロジェクトをみたDC2Keeperです。


JR西日本が起こした事故について思った。

日本の安全神話、日本が世界に誇る鉄道網はこの人たちが作ったのだなと。

サンデープロジェクトをみたのです。

他の鉄道会社の人は利益優先ではなく、安全を優先していると報じていた。対策をしていないと夜も眠れないのだそうだ。それと比較して、JRの方は官僚的な対応だったと。もう少し、反省の色を見せて欲しいなという、視聴者の意識をあおっていた。


でも、私は思った。これは単なる競争ではないかと。
過密に効率重視で売上を上げていくJRに対面して、他の鉄道会社の方は努力をしている。今回の事を受けて、安全面でも対面している。今回に限らず、JRになんとか追いこうと日々努力しているのだ。

世界に誇る鉄道網は、国を挙げた事業なのだ。日本の文化とも言えるくらいに成長した。国土交通省が、これを機にATSの設置基準を設けだした。これを受けるJRは「官僚的に」業務をしているだけだ。
官僚的で問題はないのではないのだろうか。天下りをしてまで国を挙げて推進している鉄道と言う事業なのだ。これに対応できる企業は全国に鉄道網をもつJRしかない。分権して力を分散させてるといっても、JR西日本だけですさまじい企業規模をもっている。

こうして国から全国民からの期待を背負ってJRが実施して、これを他の会社が「真似」をして、「改良」していく。こうした中で、日本の安全神話が作られているのではないか。
日本は海外からいろいろな文化を吸収できる国だ。でも、この鉄道は、国内自浄して作っていったのではないだろうか。民営化している今だからこそ、他の会社は個人的に改良を加えてJRを超えようとしている。これがそのまま日本が誇る鉄道網にも貢献しているのだ。


ATS-SWは安価だから、ATS-Pよりも前につければいいじゃないかと言っていた。安価だとするATS-SWの価格がチラリと出ていたが、600万円だ。

技術だけ見れば、つければいいじゃないかという話になる。これはわかる。しかし、これは費用対効果の問題じゃないだろうか。安価なATS-SWですか。だったら、あなたが一個購入してください。国の事業であれば、「財源と言うものがありまして…」という話だ。自動車にこんなものつけてたらだれも自動車を買えない。だから、自動車は資格(=普通自動車免許)と言うもので速度制限をしているのだ。

他の鉄道会社の方は、「会社の存続にかかわりますから、(借金をしてでも)設置する…」というだけのことではないのか。なぜならつけていないだけで、「安全対策をしていない」といわれるからだ。JRでも制限速度という安全対策はしてある。

JRで、鉄道を運転する資格というものが、閉鎖的に取得され、閉鎖的に利用され、閉鎖的に効率化されているのが問題ではあるとは思う。しかし、国を挙げた事業として推進させているのは、「世界に誇る鉄道網」、「安全神話」と口々に語る私たちではないのだろうか。



Yahooファイナンスより、

5月27日株価
単位: 円
東証1部
 東日本旅客鉄道(株) 539,000
 西日本旅客鉄道(株) 378,000
 東海旅客鉄道(株) 863,000
 近畿日本鉄道(株) 321
 名古屋鉄道(株) 356
大証1部 5/27
 京阪電気鉄道(株) 322

これをあげても意味ないのかな。
[PR]
by dc2keeper | 2005-05-29 13:23 | ビジネス
ゲームが人に与える影響について

トラックバックをいただいたので、軽いノリではなくて、
もう少し掘り下げて、書き綴ってみる。

日付が違うのは、カレンダーを埋めるためです、気にしないでね。


さて、GTAについての個人的な感想は。
「ゲームだと何でもありだねー。やっぱゲームっていいねー。PCゲームってこういうエグイのあるからすごいよなー。」
これは、18、19当時の感想です。


これを、家庭用ゲーム機に持ってきたんだから、有害図書だろうと何だろうと入れてもらって規制して欲しいと素直に思うわけです。
DMAって会社が作ってるのかな?ロゴがふんふーん♪と歩いてきて、これをひきつぶすオープニングも、当時の任天堂全盛に、プレステが進出した時代には驚きでした。


カプコンをはじめ、様々な日本の会社がゲームを作るために日々努力しています。が、こうした単に日常できないことをがんがんやるというスタイルのゲームは海外に多いです。日本では安易だなと捉えられてしまうゲームのネタで、日本のゲーム会社の部長さん方はこれを採用しません。
少し前に書いた記事もこの手のゲームです。
(やればわかりますが、すごく大ヒットはしないでしょう。なぜなら海外のゲームにしては自由度が足りない。やりこみ度を増やす必要があるかな…。)


最近になってやっと「セイギノヒーロー」なんてゲームが日本のゲーム会社の審議を通って、ゲームセンターなんかに置かれるようになりました。だいぶ前からありますけど、GTAなんかよりはずっとあとのものです。
これも、現場そのままをゲームの中に再現したという、仮想現実世界を描いたものだと思います。あんなこといいな、できたらいいな♪っつーところを過不足なく素直に体験させる種類のゲームだと思います。しかし、海外のゲームと違うのは、ちゃんと完成していると言うことです。

ひたすら現実世界のマップを作りこんであとは自由にやってくださいというスタイルのものが海外のゲームの特徴です。
2Dのゲームが大好きな私はGTAにかなりはまりました。
多分、同じ感覚をGTA3をプレイしている人は3Dで体験しているのでしょう。

GTAをはじめ、海外のゲームを体験した人は、試しにセイギノヒーローなり、ハウスオブザデッドなんかのガンアクションのゲームをやってみてください。
楽しいは楽しいですが、仮想の世界を「自由に」歩いているという世界観があるでしょうか。


この違いは、明らかに危険なのです。
つまり、完成度では日本のゲームのほうが完成しているはず。それは見ればすぐわかるし、やればすぐわかる。しかし、頭の中で思い描いて、「想像で」補正して実体験しているのは海外のゲームなのです。
人間にはかってに補正して残りを補完するというすばらしい機能があるのです。

あー、俺、今、町を歩いているなー。あ、銃があった。撃っちゃえ。
あたかも自分が実際にやっているという感覚を与えられるのは、海外のゲームの不完全ながらもただ自由に活動させるというゲームのスタイルが作っているものなのです。



いろいろな見方ができるこの問題。私は単に、日本のゲーム業界が持っている過激な表現を出来ないという弱点を、たがが外れた海外のゲームが掘り返してこれが圧倒的に売れてしまっている。
よし規制でもかけよう。
という日本の弱いところが出てしまっている事件だと思うのです。
(あくまで教育の問題でしょうが、日本のITに働く大人としてはそういう見方をせざるを得ない。)

少なくとも、成熟した市場だからこそ、社会的な問題として捉えるくらいに高度に発展したのが日本のゲーム市場です。そういう意味では誇らしい動きだと思います。


銃は日本では「基本的には」生産されていません。
しかし、銃が活躍している本場から輸入されたものはすべて本物であり、ゲーム一つでも本物にはかなわないという一場面といえます。



日本のゲームは育てげーが流行る傾向にあります。GTAの持っている自由度は一つは、育てる必要がなく、銃さえ手に入れればなんでも出来ると言うところからも来ています。



売れているゲームから規制をかけたのでしょうが、Hitmanが規制を受けないのが不思議です。汚い表現が出てこないからでしょうか。(英語、イタリア語だから聞き取れないだけでしょうか。(笑))
デビルメイクライに代表されるようにスタイリッシュに殺すのは日本では許されているようです。



誤解しないでいただきたいのは、私は超ヘビーコアゲームユーザーです。
一日の食費以上にゲームをすることもままあります。PCのぐろいゲームは昔からやってます。
規制がかかるのは面白くありませんが、逆に売れることを期待する次第でございます。
エロビデオの裏とおんなじ世界ですよ。
それだけの市場規模になってきたんですよ。ゲームが。
[PR]
by dc2keeper | 2005-05-28 22:59 | ゲームネタ

-196℃の、伊右衛門新茶

みなさまこんばんわ
お尻が軽い、DC2Keeperです。


なかなかいい感じの飲み物がいろいろ発売されている。
一つは、伊右衛門の新茶。

もう一つは、-196℃という名前のチューハイ。


どちらもおいしいですよ。
そして、これはどちらも、SUNTORYの飲み物。

なかなか、一気に仕掛けてますね。






どちらも本日(24日)発売なんです。
サントリーが勝負かけてます。

今すぐお店に走りましょう。



チューハイは、
レモンだけ飲んだのですが、
早く梅を飲みたいと言う感じです。
[PR]
by dc2keeper | 2005-05-24 23:57 | ビジネス
今やっている仕事、世間では廃れた技術になっていませんか?

みなさまこんにちわ
昼行灯、DC2Keeperです。


外資系企業では人事の時期になっているが、この記事を読んでまたたくさんの人が動くことだろう。

いまのIT組織で
いつまでやっていきますか?
http://www.atmarkit.co.jp/fbiz/cinvest/opinion/smb/15/03.html

人材開発投資の回収の可否が個人にも企業にも大切な視点
  判断基準として次に重要なのは、“人材開発投資が回収できるか否か”という視点である。これは企業側の立場だけではなく、その機能(業務)を担当する個人にとっても重要な問題だ。せっかく、多大な努力や苦労をして身に付けた知識や能力を使う機会がわずかしかなかったり、習熟レベルの到達に必要な経験を積める環境がなければ、当人にとっても大変不本意なことになる。

 ユーザー企業が、変化の激しい専門的技術機能を社内に抱えるリスクは、一般的にはベンダに比べて格段に高い。苦労して身に付けた新技術も、使える対象は自社のシステムだけである。習熟するための十分の経験を積む機会もないうちに、世間では陳腐化した技術になっているかもしれない。企業にとっては回収できない人材育成投資ということになる。この問題のリスクは人(社員)の加齢とともに急増する。



企業が先に進んでいるかどうか、世間の情報をキャッチしているか、ついていっているか。
アウトソーシングに安易に頼る企業が自然と抱えてしまう重要な問題。

ITは自滅の一途をたどるしかないのでしょうか。


絶対的なアイディア商品を生み出せない会社では、IT業界の傾向のおもむくまま付き合っていくと、すごい負債を背負うような気がします。

怖い怖い。


自分は、技術力の向上のためプライベートで勉強するしかないと思うようになってきました。

向上できる組織は滅多にありません。
ITは、大多数が敗者です。

自身の体験からもそう思いますが、不景気にそのまま左右されるのがITでもあるから大多数が被害を受ける。
ITがITに対して売り込んでいるところは違うのかもしれませんが、既存の業界の下請けをやる仕事がほとんどのITでは仕方がないこと。
技術力がそのまま不景気に影響されるかされないかというバロメータになっている業界です。

努力ではない、技術である、ITではそんな悲しいサイクルが発生しています。
この記事が言わんとしていること、「努力した人は報われない」。

悲しすぎる記事です。

もしこれを読んで、「そんなことないよ」って思えた人は幸せだと思いますよ。
[PR]
by dc2keeper | 2005-05-24 17:22 | コンピュータ、プログラム
こんちわ
ねむいDC2Keeperです。

私の相方が、ブログをやりたいと言い出しました。
なので、この記事を書くところを紹介しています。


とっても簡単なんだね。ということは理解できたようです。
[PR]
by dc2keeper | 2005-05-22 19:20 | コンピュータ、プログラム
次世代ゲーム機が争うように発表されている。

みなさまこんばんわ
やっちまった、DC2Keeperです。


XBOX360を皮切りに3社のゲーム機メーカーが次世代機を発表している。

X360
http://www.xbox360.com/





Playstation 3
http://www.playstation.jp/news/2005/pr_050517_ps3.html



Revolution(仮)
http://www.nintendo.co.jp/n10/e3_2005/index.html



記事を書きたいがとりあえずここまで!
びっくりだね!
[PR]
by dc2keeper | 2005-05-19 01:46 | ゲームネタ
スピリッツかなんかに載っていた。

「パソコン」じゃなく、「コンピュータ」って言う人ってやばいんだって。
テレビで見たのかな。

誰が決めたんだそんなこと。

じゃあ聞くけどな、パーソナルコンピュータの逆の言葉は、なんだ?
オフィシャルコンピュータか?

会社で使ってるコンピュータがオフィシャルコンピュータか?

お前は、家にパーソナルなコンピュータを持っているのか?
俺は両方あるぞ。

あ、そういや、「オフコン」ってあるよな。あれって、オフィシャルコンピュータのことか。
…。

そうか、そうだったのか…。

俺が馬鹿だったよ…。

やばいよどうせ…。





[PR]
by dc2keeper | 2005-05-18 12:33 | 妄想癖