がっつりネタふり


by dc2keeper
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:Blog, ネットビジネス( 53 )

こんちくわんわん
もれそう、DC2Keeperです。

やっぱりもうありました。
名刺作成。

TEACUPカード
http://teacup.bloca.jp/

自分も10年以上前から使わせてもらっている掲示板の会社です。
灯台元暗し

というか、掲示板も2年に一回くらいしか更新しないけど・・・。


なにわともあれ、便利ですのでご利用されては、
25枚で総量込みで1000円とのこと。


追伸:
もう少し追ってみた。

このドメインの、
BLOCAというサービスはサイバーエージェントが実施している。
http://ameblo.bloca.jp/


いずれの場合も、produced by [broca jp]
と言うようなテキストが入る。
んー。
行き過ぎでは?
ビジネスに使われるつもりは無いのだろうか。
しかし、それは一般の名刺屋さん、印刷屋さんでやってくれるだろう…。


ブログカード
というらしい。


このキーワードで検索するといろいろな業者さんが出てくる。
このシステム自体を作れば需要があるということか。


http://www.shoptokyo.net/
変なロゴやQRコードを入れたくない方は、こういうところがよさそうですね。
[PR]
by dc2keeper | 2009-05-16 18:18 | Blog, ネットビジネス
こんちくわ。
オヤジ化DC2Keeperです。

ちかごろは、Flashの素材を配る方がいらっしゃるのだ。
なんとまあ。
マッシュアップサイトに使わせていただけないだろうか。
と思い記録。

http://naturalbreeze.cside.com/

こちらの方はそれを利用されたサイトのよう。
どちらも参考までに掲載。
http://takayu.web5.jp/html/Main/Main.html


もうちょっと文面を読むと、Yahooに掲載とある。
こんなカテゴリが・・・。

ううーむ。Flashまで買ったのに…。
[PR]
by DC2Keeper | 2009-05-11 16:52 | Blog, ネットビジネス

rpad, CheckPad

こんばんわ
涙なしでは語れないDC2Keeperです。

ほんとはこちらのネタを投稿したかったのですが、感動的なVideoを閲覧していました。


結局試すことができていないのですが、
メールを任意のタイミングで送ってくれるサービス、
R Pad

ToDoリストの管理に使える、
Check Padというサイトがあります。

まずは、このブログに記録しておくとともに、皆さんにも紹介します。

なにかサービスを始めようと思ったら、この水準のサービスが
無料で行われていること、参考になりそうです。
[PR]
by dc2keeper | 2009-05-11 02:24 | Blog, ネットビジネス

名刺作成

おっす、おら、孫DC2Keeper

久しぶりすぎて鼻水がでます。
ただの花粉症です。


ネタモトMSNに話題提供しているLifehackerから

名刺を無料で作れる。
http://businesscardstar.com
PDFに出力できる。
印刷会社に持っていける。


しかし、英語のみ。
日本語版作りたい…。

まずは、皆さんお試しを。
[PR]
by dc2keeper | 2009-04-30 10:40 | Blog, ネットビジネス

マルチポスト

目が痛い
DC2Keeperです。

マルチポストって言葉、長くネットやってるけど、
はじめて意識した。

いままで自分は荒らしの立場ばっかりだったからかな。


マルチポストって知ってます?
みなさん。
TrackBack旺盛のこのブログの世界では忘れ去られてしまう概念かもしれない。
あるいは、掲示板のマルチポスト禁止の風潮に、異論を唱えたのがそもそもブログなのかもしれない。

マルチポストとは、同じ内容の文章を複数の場所にポスト(投稿)すること。
この行為は失礼と言い切る人が多い、マナーに関する用語なのですね。

念のため、マルチポストを失礼と言う人は、なぜ失礼と言うのか。
(私はあんまりどっちでもないけど)
ある掲示板に、量的緩和政策ってなに?って質問を書く。それをみた人は質問に答えるために時間を割くわけですね。これを、複数の掲示板に同じ質問を書くなんてこと、コンピュータでは簡単にできるわけで、ただ、答える側の人は複数の掲示板に書かれてるなんてぱっとみ気づかないわけで。質問する人は簡単に複数の掲示板に書けちゃいますが、答えるための労力は書いた数だけ割かれちゃうわけですね。一つの掲示板で答えが書かれていても、気づかない解答者がいっぱいいたりと、いろいろ波紋を呼ぶ問題が起こるわけです。


さてはて、私の身内には、マルチポストする人がいます。

もともと、私は、誰かが、掲示板荒らしててもまあ面白いなくらいに思う方だったのですが、いざ、掲示板で質問をする立場になると、やっぱりマナーが気になる。
そこで、近くでマルチポストをする人を見るとそーいや、こいつはどうなんだと。
ちなみにその人はリアルマルチポストで、わからないことをなぞなぞのようにいろんな人に聞く。まあ、みんな仲がいいからほほえましいだけなんだけど、冷静に分析しちゃうと失礼な行為だな。


自分の胸に手を当てる。

仕事の質問を複数の先輩にしたことがある。しばらくして怒られた。幸いいろんな側面からの意見をもらったが、その時はちゃんと怒られた意味とかかみ締めなかった気がする。
リアルの世界で、言われてもわからない頑固な私は、その注意をしっかり自分のものとしなかったのだろう。掲示板という(対人よりは)非人間的な場面でで教えられるとは。


でも、再度問いたい。
実際のところ、日常生活で複数の人に同じ質問をしてもそれほど気に病むことないのだが、これはなんでだろう。
それが、掲示板ではマナーのようなところからいきなり怒られる。この温度差はインターネット特有のものだろう。
社会人になってからリアルで怒られたそれは、明らかに技術的な難しい質問のときだった。先輩が仕事時間を割いてくれたからこそ怒られた。よくわかる。
でも、学校で習ったことではない。

そもそも、先生はみんなに質問してたからな。
「わかるひとー」って。
そこでは、質問自体が共有されてるから意外と気づかなかったんだな。
このマナー違反のロジックに。

まあ、仲良くなることを前提として、仕事を片付けるためじゃない質問はどんだけマルチでもいいですよね。

掲示板って、人が見えないからその仲良くなりたいか、ホントに失礼なのかわからないからマナーみたいな言葉が出てくるのですね。


とりあえず、仕事の質問で自分の仕事片付けたいだけなら、せめて飲みに行くべきですよね。同時にいろんな人の意見聞けますし。

そんなわけで、ジョッキ生。
お店だと、ビールの銘柄ってあんまり選ばないですよね。これも家じゃないと飲めないですよね。趣旨から行くと、ホントのジョッキの写真を出すべきだったか。


[PR]
by dc2keeper | 2006-03-10 00:09 | Blog, ネットビジネス

Macromedia8シリーズ発売

「Good & New!!」ブログさんから情報をいただいたのでチェック!!
ありがとうございます!

Macromediaの最新スイートが発売されたようです。

みなさまこんばんわ
DC2Keeperです。

Adobeに買収されたMacromediaはその会社名がそのまま
ソフト名前として残った。
このシリーズには8「エイト」という名前が付けられています。

これにあわせ企画のサイトがオープンしています。
なかなかかっこいい
http://eight8.jp/

Macromediaのトップページ
http://www.macromedia.com/jp/

今回、気になったのは、Flash Basic 8。
FlashはProfessionalとBasicの2ラインとなった。
入門編で問題なく仕事ができるのだろうか。
高額なFlashの敷居を下げる製品となった。
http://www.macromedia.com/jp/software/flash/basic/
26,250円(税抜 25,000円)

これに対し、Professional
88,200円(税抜き 84,000円)
となっている。


店頭で買う人は、新宿ヨドバシのイベントも確認してみては。
http://www.macromedia.com/jp/macromedia/events/campaign/

素人目からFlashProとの差は、FlashLiteの書き出しが可能か可能ではないかの違いではないだろうか。
携帯で仕事をする人はProが必須となるし、AV関係(音、Video)のお仕事がある人もProが必須である。

私も買うかどうか、
なかなか悩みどころです。

BOSEのアンプが欲しいのだけど、それと同じくらいの値段…。
[PR]
by dc2keeper | 2005-10-14 01:29 | Blog, ネットビジネス
みなさまこんちくわ
DC2Keeperさんですよ。ごぶさたりんこさんです。

日々、いろいろ吸収させてもらっております。
インターネットで広告を打つものとして専門用語っぽい用語を仕入れたので、
今日はこの話題。

「欲望創出広告」、「欲望実現広告」という言葉を聴いたことがあるでしょうか。
これはタウンページに載っていた言葉。

テレビ、ラジオ、新聞などに掲載されている広告は、欲望創出広告というのだそうです。

これに対し、タウンページなどに掲載されている広告は、欲望実現広告というのだそうです。

へー。


タイムリーにニーズをキャッチするものとして認知されているタウンページだからこそこの言葉を堂々と使うことができるのだなと思いました。


最近、欲望実現広告のジャンルに入るホームページを作らせていただいたのですが、SEO対策をしないと、何にも欲望実現広告にならないのだなと痛感させられます。


インターネットは欲望を実現する場所が多く、それこそ、創出型となるには一定期間の活動を持って信頼を得ていく必要があります。
ドメインをとったところで認知されるわけでもなくアドレスを教えてもまずは検索をしてみるという女の子がとても多い。とってもこの事実を会話のなかから聞きだすことができました。


「ホームページ作ったんですよー。」「へー、なんて入れたら出てきますか?」


と、非常にショックだったのを覚えています。二言目にはすでにSEOな話が。どの検索エンジンともつかない、単語の世界。
当然会話としては、(情けないことに)「どの検索エンジン使ってます?」から、「こっちを使ってみてくださいね。」という会話。
あるいは、「検索を使っているんですか?アドレスを打ってもらえますか?」という会話。予算、策がないホームページは二言目三言目で案内が必要となってくる。

インターネットは普及しているもののいわゆる初心者層、一元さんすべてを取り入れるホームページ作りってとっても難しいですね。
[PR]
by dc2keeper | 2005-09-16 14:31 | Blog, ネットビジネス
みなさまこんちくわ

牛乳の賞味期限が一日切れていることに気づいたDC2Keeperです。
なんか気持ち悪くなってきた。

ホームページを作った!?
もう少しつめなければいけないが、なかなかえがった。
しかし、世間一般に広めるにもう少し手を加えなければいけない仕事。

「軽く、スマートにする」
「SEO(だっけ?)対策」
「アクセシビリティ、UI再考」

こんなところかな…。

はてさて、ページ公開!となったとき、
みなさんはどのようなことに気を遣いますか?
[PR]
by dc2keeper | 2005-09-12 19:02 | Blog, ネットビジネス

Lifecardの子かわいいね。

ライフカード第3段が公開されていますよ。

みなさまごぶさたりん
小倉DC2Keeperりんこです。

LifecardのCMが次のバージョンを公開しています。
もうみましたか?

あの子かわいいですよね。

エンタメブログにも書いておこうかな。

鮎河ナオミちゃんと言うのだそうです。


さてさて、新CMバージョン。
みなさんはどれをチョイスしますか。
http://www.lifecard-choice.com/top.html
[PR]
by dc2keeper | 2005-07-24 23:48 | Blog, ネットビジネス
みなさまおはようございます。

飼っている犬にかまれるDC2Keeperです。


ご無沙汰ですね。

コンピュータ界に絡んだ裁判沙汰が多くなっています。

ひとつは、Sasserの作者(少年)が禁固刑を言い渡されたこと。
もうひとつは、岐阜県の電子投票のシステム不調により、選挙が無効になったことです(裁判で決定)。

Sasserというのはコンピュータウィルスの呼び名です。サッサーです。(多分)

マイクロソフトがこのウィルス作者に関する情報提供をした人にたいして、25万ドルを支払うことでも大変な話題になっています。

マイクロソフトのプレスリリース
http://www.microsoft.com/presspass/press/2005/jul05/07-08SasserRewardPR.mspx


こわいっすね。被害額が大きいがためにこういうことになるんでしょうが、時代が進めば子供の落書きと同じくらい簡単にこういうプログラムを作る少年が出てくるんだと思います。同じ落書きの中にも芸術的な子供もいるわけで、その最たる人はこうして牢屋に入れられてしまうわけです。


さて、一方、岐阜県では、電子投票が無効になるという前代未聞の事件が。
http://www.gifu-np.co.jp/np/g_news/g_news.htm
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0507/08/news093.html
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/archive/news/2005/07/09/20050709ddm012040138000c.html

ITMediaでこれに関連した話題を追ってみるとよくわかるが、コンピュータで投票を行うということ自体が無理があったとのこと。

岐阜の件は、熱暴走らしい。


電子投票先進国アメリカに見る電子投票問題をもう少し見直し書き記してみたい。

そもそも電子投票は、開票の手間を省くというところから考え出されたシステムであることは間違いない。
しかし、現実に形にしようと思ったとき、実現方法が少々まずかったというお話なのである。


投票のために各投票所にコンピュータを置いたのだ。
いろいろな試行錯誤の末のシステムであるはずなのだが、そもそもの機構がよろしくない。

まず、コンピュータ(端末)の数だけしか受付ができないということである。これにより、アメリカではたかだか5分もかからない投票作業に3~4時間またされたとのことだ。
コンピュータを増やせばいいじゃん?とは簡単には行かない。確かにコンピュータを増やすことで解決はできるだろうが、一家に1台のコンピュータからやっているわけではない。鉛筆と書くための仕切り板だけ増やせばよいアナログな世界とはかかるコストが違う。

岐阜の件は別の問題を発生させている、
それは、端末自体が環境にあっていなかった。熱による暴走が発生する環境でコンピュータは使ってはいけません。


現実にある解を求めるなら、これらは昔からある、OCRという方式をとるしかないのかもしれない。(センター試験なんかにあるやつね)

ただし、この方式では投票した結果が瞬時に出るわけではない。
どういう方式が必要だったのだろう。

一家に一台のコンピュータからこれを行うにはまだまだセキュリティの問題が多すぎる。
銀行ATMでの振り込みカードのようにあらかじめ登録しておいた情報を現地で読み込んで、会っていたら、○を押す、位の回転率であればよかったのだろうか。
OCR+順次処理ですね。(バッチ(一度に全部読み取る)ではなくて。)

いずれにしても、台数を増やすしかないという対処方法をとるしかない現状方式に一定の限界があるようだ。

熱暴走はちょっとお粗末なんですが…。扇風機の一個でもつけたれよ。
[PR]
by dc2keeper | 2005-07-11 12:07 | Blog, ネットビジネス