がっつりネタふり


by dc2keeper
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:コンピュータ、プログラム( 41 )

JRのWindowsエラー

みなさまこんばんわ

国際電話は相手もちでかける、DC2Keeperです。



みどりの窓口や、新幹線の切符売り場にある、新幹線の空席案内でWindowsのエラーメッセージが表示されていました。
b0041628_1335448.jpg

やっちゃってますね。

というか、Windowsだったのですね。
[PR]
by dc2keeper | 2005-03-05 01:31 | コンピュータ、プログラム
みなさまこんばんわ。

がっつりがつがつ食べます飲みます、仕事中も寝ます、DC2Keeperです。


コンピュータをやっている人。そして、大してセンスもない親父さん。朗報です。

以前も紹介したモンテカルロラリーですが、なかなかこれを写した写真が、壁紙に良いんです。

メカ好きのあなた。ためしにやってみそ。いい気分で仕事も出来ますよ。下手に女の子の壁紙にしているよりかっこいいですよ。

http://www.mitsubishi-motors.com/motorsports/j/05wrc/index.html
Daily Photo から拾いましょう。
[PR]
by dc2keeper | 2005-02-14 23:20 | コンピュータ、プログラム
みなさまこんばんわ

鼻水が止まらないので飲むDC2Keeperです。
循環してます。


コンピュータの仕事について考え直している。考え直す出来事がいくつかあったためだ。


技術力をつけたいと思っている反面、会社の仕事を回すためにとりあえず作業をする日々。
でも、この仕事はこれはこれで楽しいのだ。

しかし、3年後どうなっているかとても不安になる。

再就職をした自分は、業界では一旦買ってくれた状態である。
しかし、3年後、3年分の技術力がつく仕事かと問われるとYesとは答えられない。


代わりに「実績」を答えることになるのだろう。



次に、
今、仕事をしないかとお誘いを受ける。
自由な発想で仕事を任される。社会人として一人前になればなるほど、コンピュータの仕事は自由にできるものになる。例えば、会社はどの会社でも良い。コンピュータ化できるところはコンピュータ化すればよいのだ。しかし、これは、学生では出来ない。ビジネス上のセンスがいる。だから、社会人を普通にできればできる仕事である。

コンピュータの技術とは縁が薄い会社だとこういう話に目がくらむ。
逆に、技術力を磨くことが出来ていれば迷うことはない。


これとは違うところで…、
自分の将来を考える。
目標とかそういうものを持つ必要がある。なぜなら、結婚とかそう言ったことを前提にいれると何を目的にお金を稼いで生活をするかという計画に現実味がないとだめだからだ。
技術力を磨く仕事というのは一概には無いといっても良い。技術力を磨くのは個人の努力にかかる部分で会社はとりあえずお金儲けをさせてもらえればよいと思っている。そんなもんだ。これまで通り遊んで暮らせば同じ技術力で細く長く食っているだけに過ぎない。ただ、それでも仕事は続けられる。結婚のためならそういう選択もありえるだろう…。



今、技術者という名ばかりの仕事をさせられている若者は(年を食った人でもそうかもしれないが)みんなこんな悩みを抱えているはずだ。


コンピュータ業界のことをあまり知らない人のためにひとつだけこの悩みの根本にもなりうる真理を伝えたい。

コンピュータ業界はそれそのものでお金を生み出す仕事ではないのだ。お金の多くは他の業界から吸い取っている。
例えば、旅行代理店という業務があればこれを効率化することは出来てもコンピュータだけではこの仕事は生まれない。お金のなる木というのは他の業界にこそあるのだ。
コンピュータがコンピュータだけで仕事ができるというのは、例えば、マイクロソフトがジャストシステムにOSを売ったというような場合だ。お互いがIT企業である。しかし、ジャストシステムはワープロを使って仕事をしているところにソフトを売るという会社の仕組みを持っている。

技術の粋を極めると言ってもいろいろな業界に広がり、そこ専門の知識が不可欠な仕事が多いのだ。

ジャストシステムにしてみれば、技術力の前に日本語力が必要だと言える。こうした、技術力以外の知識というのは必要不可欠であり技術力よりも優先されることが多い。
だから、多くのコンピュータを使って違う業界で仕事をしている人は、業界の知識を覚えることに必死でコンピュータの技術は追いづらい状況が生まれる。



なんか、自分の時間を使って技術を追わないとだめだなー。
近い将来の目標自分で立てて自分で実現しないとなー。

そう思った今日この頃でした。
[PR]
by dc2keeper | 2005-02-13 23:26 | コンピュータ、プログラム
松下電器産業がジャストシステムを訴えて、勝っちまった。

みなさまごきげんうるわしゅう
半そで、DC2Keeperです。

~概要~
松下電器産業株式会社が株式会社ジャストシステムのソフトについて特許侵害の訴訟を起こし勝ちました。

松下さん、暇ですね。


~状況確認~
ツールバーなどのアイコンの操作にかかわるアイディアの特許を侵害しているとのこと。

以下、リンクと引用。

ジャストシステム
http://www.justsystem.co.jp/msg/index.html


一太郎・花子における「ヘルプ」ボタンを押して、他の機能を押すことで説明が表示される手順において、松下電器産業株式会社は自社の所有する特許に抵触すると主張しております。
弊社としては、上記の特許に抵触している事実はないと考えております。



松下電器産業を検索。
おいおい。パナソニックじゃない。Panasonicですよ。あの。

松下電器産業
http://www.panasonic.co.jp



この会社のニュースリリースにはいまだなにも発表されていない。


さて、ちゃんとした情報をつかめていなかったが、訴訟の情報は東京地裁の情報より確認できる。
H17. 2. 1 東京地裁 平成16(ワ)16732 特許権 民事訴訟事件
また、特許庁のホームページより特許番号
「特開平03-144719」
の情報を参照することもできる。
特許電子図書館
http://www.ipdl.ncipi.go.jp/homepg.ipdl


暇な方は読んでみてください。


~感想~
ちょっと読んでみたが、簡単な話、「くだらない」。
松下、パナソニック、終わってます。

その他、様々な製品を出している会社がこんなくだらない訴訟を起こしてブランドイメージを下げてどうするのでしょうか。まあ、実ダメージは微々たる物だとは思いますが。
ブランドイメージを損なうということがとても問題だと考えられます。


~考察~
判決、裁判の中では、「特開昭61-281358の公開特許公報」の引用もされています。
ワープロについているキーボードの操作説明やキー操作を画面の仮想キーボードから行うことに関する特許です。

ジャストシステムは、今回争点になっている特許よりも前からあるこの特許を持ってすれば今回の機能はすぐに思いつくという資料として引用しています。

へえー。という感じですね。

で、こうした裁判で類似の特許を引き合いに出すのは妥当だと思いますが、私が興味を引かれたのが、争点となっている特許が出願された時期の刊行物の引用です。
裁判では、発明された時期の書籍が証拠として提出されるのですね。日経バイトが出てきたりしてます。


この問題。裁判の内容をみればなおさら、ジャストシステムが悪くないのは明らかですが、その判決にいたるまでの道筋が問題だったんでしょうね。


アイコンをアイコンにドラッグアンドドロップすることでヘルプが表示されるという特許に対し、
これは、アイコンではないと反論して、敗れている。
それだけです。

引用した資料をもとにこうした機能を想像できる?もちろん、容易に想像できるのですが、仮想キーボードであって、アイコンではないとされてしまい証拠不十分。これも、アイコンにこだわったため、反論として弱くなってしまいました。


~対応策~
私なら、SPYを紹介します。
アイコンを人のアプリケーションの上に持っていけばこれをもってしてヘルプどころかWindows全体を調査することができる。

私なら、Helpボタンを紹介します。
Office製品か何か使ってれば、ハテナのアイコン(ボタン)ありますよね?あれですよ。あれを機能の上に持っていけば説明が出てきます。争点を見ている限りでは、あれは、マウスカーソルであり、アイコンではないとか言われそうですが。


~コンピュータの将来~
「アイコンの上にアイコンを持っていくと機能が発揮」という特許を侵害していると。
そんなくだらないことで特許をとる時点で恥ずかしいと思わないのでしょうか。

SPYというアプリケーションを使ったことがある人はわかると思いますが、Microsoftだから作れるアプリケーションのようにも思います。しかし、こうしたアプリケーション、ウィンドウからウィンドウにまたいで機能を実現するアプリケーション自体が珍しいのであって、例えばIEにくっつくカスタムのツールバーなんかはこうしたドラッグアンドドロップ対応の機能を兼ね備えていることはよくあります。

Windowsのゲームはほとんどがアイコンじゃないでしょうか。AgeOfEmpireという有名なゲームでは、松下の言う「アイコン」であるキャラクターを、同じく「アイコン」である家に向かわせることが出来ます。

テキストベースだったコンピュータがこうしたマウスによる操作をたくさん受け付けるようになったためこうした機能拡張がどんどん行われているのがWindowsの技術です。これを利用してすばらしいソフトを作って欲しいとMicrosoftは願っています。松下がどうこう言う問題ではありません。


痴漢詐欺みたいな訴訟です。言ったもん勝ちですねこれは。
こんなコンピュータの基礎機能に対して訴訟を起こされるようじゃ日本のITは一生良くなりんね。
[PR]
by dc2keeper | 2005-02-01 22:37 | コンピュータ、プログラム
Windowsデフォルトのペイントブラシ(mspaint)は使えない。

みなさま、ご機嫌いかがでしょうか。
おしりでものを言う、DC2Keeperです。

エレベーターの中でものを言ったら、にらまれました。



最近、インターネット環境をそろえ、さらに、コンピュータまでそろえてしまったんです。私信です。

そんななかで、ひとつコネタが。

ブログを書こうとしていろいろなことが新しく、障害になるのですが、その中でも一番障害になったのが、Windowsについているペイントブラシ。

画像処理、…いや、お絵かきのソフトがついているんですね。Windowsには。
これが、JPEGや、GIF等々に対応しなくなってしまったんです。


難しく分析すれば原因もわかりますが、想像で書くとWindowsデフォルトのペイントブラシにはもともとJPEGとかを読む機能はないのかなと。


今まで読めていた環境は、Windows2000、XPとありましたが、どれもしっかり業務がこなせるように、Officeやら、VisualStudioやらいろいろとリッチなOSよりも高いアプリケーションが入っております。その中の何かが影響したものと思われます。


あるいは、InternetExplorerか…。と、とりあえず、いろいろ一般の方には面白くもなんともない単語が並びますが、高い画像処理ソフトを買おうと思っているあなた!なにかがきっかけでJPEGくらいは処理できるようになりますから…。



そんなわけで、写真が回転できず写真ベースのBlogネタがいろいろボツになりつつある今日この頃でした。
[PR]
by dc2keeper | 2005-01-25 22:54 | コンピュータ、プログラム

Windows3.1

みなさま、お寒うございます。


DC2Keeperです。


Windows3.1を直しました。



以上…。


んなわけにいかないですね。


NEC の PC98 らしい、ノートパソコンをお持ちの方が現れたのです。
コマンド?
って感じでした。

生まれて初めてちゃんと動く機械を見ましたってな感じでございました。
秋葉原では4年位前には街頭で売ってましたね。重爆…じゃなかった重箱くらいの厚さのPC。多分今でも売っていることでしょう。

Windows3.1はほんとに初めて触りまして、というか、このお客様、Windowsどころか、DOSまでしか起動しない状態でお持ちでございまして、マウスが使えない。日付がおかしい。
とのことでございました。

あらあら。



初めて見るキー配列。いや、中学校の授業かなんかで見たかも。XFERってなんですか?という世界。

その方にとっては普通なのかもしれませんが、電源投入…。ってところから私は興奮の坩堝(るつぼ)。電源投入するために、コードを後ろにつなぐとき、なんか、見慣れないコネクタが背面についてます。いわゆるカチッととめるSCSIのようなコネクタが大中小と3つほど。PS2マウスコネクタ以外にもPS2のコネクタが…?

電源投入。

640KB のメモリーチェック。





640KB?!!


しばらくして、別のカウンタが。

+3000KB

いやいや、それでも、3MBっすよ。

どうするんですか。


パラパラパラと、ロードです。
マウスドライバを読み込みました。
Aドライブ、Cドライブ、Dドライブ…。いくつあるんだ…?
というか、ドライバ、デバイス関係のロードが読めるっていったい。



さあ起動。

あれ、これはWindowsですか?

いやいや違う。
よくよく触っていくと、DOSコマンドを打ちやすくするメーカーのおまけのプログラムが立ち上がっているだけ。

日付がくるくる入れ替わっている…。

これを直すのね…。

というか、マウスカーソルが出ないって…。DOSまでしか起動していないんですよ…。



このDOSコマンドを打ちやすくするコンソールのおかげでなんとか先に進めること1時間弱。

最終的にはCONFIG.SYSの設定内容を変えるんだってところに。

CONFIG.SYSなんて私の世代は知りませんよ…。
EMS、EMS386ってなんですか…?EMMに関係しているものらしい。
(注:エンハンスド メモリ マネージャ(多分))

たかだか、SEDITというコマンドでエディタがDOS上で展開されることを見つけるまでが一番時間がかかった…。


設定は、HIMEM.SYSだけロードして、EMS386はロードさせない。
再起動…。

おお、Windows3.1だよ…。



なかなかエキサイティングな初体験、Windows3.1と、DOSでした。
直し方があってるかまったくわからんのだが…。
まあ、よろこんでいただいているので…。
[PR]
by dc2keeper | 2004-12-31 15:33 | コンピュータ、プログラム

調べる速度

みなさまメリークリスマスチキン!

鳥肌、DC2Keeperです。


今度は、400文字でまとめます。


「調べる速度=仕事の速度」と考えられることもあるコンピュータの仕事。では調べられない人は仕事にならないのか?そんなことはない。

でも、これを勘違いする管理者がいる。それは得てしてお客様でもあったりする。
調べる速度が早い人というのは存在するのだ。「わかりません」という答えは、3秒後には解消されていることもある。

使えない管理者。これはコンピュータの根本的な機能の一つである「検索」を知らない人が多い。一言目にわからなくても、二言目にわかることが多々ある。これがコンピュータ。
コンピュータは基本的にこちらがやりたいことがないと反応はしない。反応する速度が早いのだ。

「何でそんな早くできたの?」なんていう上司がいたら要注意だ。その人は次にはこう言う。「何で今回は遅かったの?」

人が普通に仕事をしたらもともとそういう速度なのだ。
[PR]
by dc2keeper | 2004-12-28 15:28 | コンピュータ、プログラム
みなさまメリークリスモス!

町からサンタルックの女の子が消えて走る、DC2Keeperです。


うーん。タイトルからしてまじめな話になりそう。

字数制限を加えて記載します。1000文字。
どうやって数えるんだろう…。

自分は他の人から見て価値のある人になっているか。コンピュータ業界に限った話ではないかも知れないけど、この業界ではどういう風に考えられているのか。
転職市場が一番活発といっても過言じゃない業界。自分がやってきた仕事は市場でちゃんと評価される。評価基準のようなものがある程度出来上がっている。転職市場が広がっているというのはそういうこと。

では、自分のやる仕事は自由に選べるか?そんなことはない。激しい競争の中、年齢とともに自由度はどんどんなくなっていく。働く人が買い手である限り、年齢などと加味され、不本意な評価を得る結果となる。

では、売り手市場では?コンピュータの業界は簡単に売り手にまわることもできる。ただ、失敗のリスク云々かんぬんの前には、企業に属して働いていて、その経験から売り手市場に回ることのほうが多い。理解ある親の元で起業したのでもなければそうしたバックボーンが必要なことの方が多い。

総じて、コンピュータ業界にいる人は、どこかの企業に属して経験を積んでいる。

ここで、市場に飛び出すことを前提で仕事をしている企業と、一定のフィールドでの仕事をしている企業と、技術力に雲泥の差が生まれてくる。こうした技術力を組織で磨くという意識をしている企業に勤められた人は幸せだ。
個人的に努力をしないでも仕事をしているときに技術力が自然に身につく。こういう仕事の仕方は絶対に存在する。個人的な努力はあっても良いと思うが、一日の活動時間のうち8時間は会社の仕事をしているわけで、ここで力をつけられる人とつけられない人とその違いは明確だ。
年俸制を利用して、残業代をカットしているような企業は一日8時間どころではない。

その責任をちゃんと果たしているのか企業に問いたい。
その人の技術が市場からみて価値のあるものか。これはその人が属している企業にもプラスになるはず。仕事時間中は仕事だけしろ!という単純作業でコンピュータの仕事は成り立たない。如何に手を動かさずに自動で処理をするかという側面がある仕事だ。勉強は仕事ではないとよく言う輩がいるが、勉強は手を動かさない方法を見つける時間なのです。
[PR]
by dc2keeper | 2004-12-27 14:38 | コンピュータ、プログラム
みなさまこんちくわ

街中のサンタコスプレに目を奪われるDC2Keeperです。


不意に奴はやってきました
それも、リアルタイムに24日でした。


IT戦士、Oさん。

サンタコスプレで登場です。
しかも、ご要望に応じてということか。

ITMediaの当該サイトでは、個人のページまでリンクしている始末。
どこまでがこの会社では許されるのかが計り知れない。

確かに私は、サンタコスプレで明石屋サンタに電話して欲しいとは思い、アンケートに投票はしましたが、本当にやるとは。


恐れ入りました。



そして!

彼女が自らの失意の姿を晒しているのは、昨日、私がいた「新宿」ではないですか!くそう!昨日いたかもしれないのに!しかしながら、西口、または南口であんな格好でこんなことしてたら、ショップの店員の休憩だと思われますな。

私が愛して止まない新宿にO記者が現れるということだけで、ひときわ新宿がいとおしくなった筆者でございました。



しかし、Tシャツは要らないので、キャミだけで登場して欲しかった…。



P.S.
ITMediaの会社概要をチェック。
O記者は新宿の近く、あるいは新宿を普段利用している?!ということで私はさらにヒートアップ。
新宿で一緒に遊んで欲しい。





P.S.2
ぷれすて2
なんか、ミーハーな感じだけが伝わってしまってるので、追伸。写真に出てきたイルミネーションを折角なので解説。
新宿西口のイルミネーションとは、多分、都庁下、新宿西口正面の道路脇のイルミネーションであると考えられます。
こちらは、同じく記事にあがっている、南口、高島屋サザンスクウェア(だっけ?)前のイルミネーションよりは人通りも少なくお勧めかと存じます。もちろん、お買い物帰りは、高島屋の方が寄り道しやすいでしょう。

都内にはこうしたクリスマスイルミネーションがいろいろ飾られますが、新宿はビルがたくさんある都会のイルミネーション感がとっても出ているといつも思います。高層ビルやコンクリートのジャングルの中の少し開けたスポットが印象的にライトアップされるのが特徴です。
[PR]
by dc2keeper | 2004-12-24 16:24 | コンピュータ、プログラム

Symantec Veritas 合併

みなさまこばんわ

ムカデにキーボードを打たせたいDC2Keeperです。



シマンテックが、ベリタスソフトウェアを買収したとのこと。
いや、合併だね。この会社の方々に言わせれば。

SymantecPressRelease
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=89422&p=irol-custom


日本のSymantecニュースリリース
http://www.symantec.co.jp/region/jp/news/year04/041217.html



セキュリティベンダーの構築するストレージは確かに魅力的だね。
どちらの企業も、OSとかDBとかそういったものよりももしかしたら導入しないかもしれないソフトを販売している企業。
セキュリティは導入している企業が増えているものの、日本ではまだまだこれからという分野。セキュリティにかけるコストはまだ低い。

この合併により、新たな付加価値を生み出して、他のセキュリティベンダー、ストレージベンダーを引き離すと同時に、新たな市場まで開拓する可能性がるお話です。

ストレージの戦略をどうしていたかはわからないのですが、ちゃんと物理的にストレージを確保しているのならば、これにネットワークインフラが加わったらそれだけで最強のプロバイダ、ポータル企業が出来上がりそうです。
[PR]
by dc2keeper | 2004-12-17 18:35 | コンピュータ、プログラム