がっつりネタふり


by dc2keeper
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 2 )

自衛隊ヤバイ

自衛隊員のいじめで有罪判決がでている。
学校じゃないんだから幼稚なことをしないでもらいたい。

海自後輩いじめ:
2等海曹に有罪判決 横浜地裁横須賀支部
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050119k0000e040052000c.html


皆様、こんにちわ

徹夜でDC2Keeperです。


少々苦言を呈する、気分を害されたら申し訳ない。
自衛隊にしろ英軍にしろ米軍にしろ、頭の悪い輩がいる。

いじめる側の気持ちがわからんでもないのだが、いじめで人を自殺に追い込むとは、大人がやることじゃない。いじめた奴は逝ってよし。
なぜいじめる側の気持ちがなんとなくわかるかというと、要するに彼らはガキだと考えられる。ガキの気持ちはわかる。防衛大学に行くでもなければ、頭の悪い奴はとりあえず高卒でも入隊可能となる。
頭の悪い自分にも入隊案内が来たのを思い出す。

私自身も、20代半ばになってやっと社会人としていろいろ考え出すようになったくらいで、学生の気分はさすがに抜けているもののまだまだ社会人としてはいっちょまえだとは思えない。
自殺した隊員は21歳である。

自衛隊は学校の延長で体育会のノリで閉鎖された環境でのホモ集団だ。陰湿なことは起こりやすい。社会人として一般企業で摩擦するわけではないのだ。そういう人間が出てきても不思議は無い。

普通の会社でも陰湿な体質は、社風として引継がれる。
34歳にもなれば立派なお局様だ。いじめさえ伝統なのだろう。

被告は10年来いじめを繰り返してきたが、当局はその公表及び積極的解決はしなかった。
学校じゃなくて、仕事である。職環境の改善も仕事の一つだ。小学生のいじめで悲惨な事件もおきるがこれは大人がやっているいじめ。人が死んでもおかしくない。親が手を上げる年齢でもない。組織が改善に努めることがないと当人だけの問題になってしまう。イラク兵を虐待する前に教育してあげた方が良いのではないか。
国防は滅多に社会に出てくるわけではないので、仕事のやりがいという意味で精神的につらいのはわかる。後輩にあたる事で自己表現することもあるだろう。
特に仕事もないので完全なる年功序列でもあるのだろう。
仕事に対するやる気を起こさせるのも職場を作る人の責任だ。

沈黙の艦隊を読んだ。
面白い。
ジパングを見た。
面白い。
協力、海上自衛隊なのですが、ちょっと幻滅です。
[PR]
by dc2keeper | 2005-01-19 16:24
インターネットを楽しんでいらっしゃる皆様、あけましておめでとうございます。

本年度も、このブログと私をどうぞよろしくお願いいたします。
今年も、ホップステップ玉砕で頑張ります。

んで、いきなりですが。

私、DC2Keeperは、会社からの配信をしばらく休止いたします。
いや、そろそろ危険なので。


年末年始と、自宅インターネット、コンピュータ環境の整備を行いましたので、整い次第、再度更新させていただきます。いや、届くのがもう少し後なんですよ。庶民もこの時期同じ事考えているようで混んでいるんですよ。
というか、やっぱり、日中は仕事しなきゃならないので…。

本年度は、Blogにいらっしゃっていただけている方をはじめ一般的なインターネットユーザーの方々が接続している時間帯での更新とさせていただきます。
あるいは、文章を持ってきて昼間の更新とした方がかっこいいかもしれません。(これまで通り(と一応言っておく))


本格運用を目指す向きもございますので、そもそもエキサイトを辞めるかもしれません。(Scriptが使えません。好きなデザインをやりたくなるかもしれません。システムを組みたくなるかもしれません。)そんなわけで、あまり言い過ぎるとネタってよりも、後ろ向きなしんみりした感じになりますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。


このような私的な挨拶を大量の公的なトラックバック受付に対して送信しました。

ですのでふつつかながら、初めていらっしゃったお客様にもご案内を。

一日一ネタを目標にやっておりますBlogです。単に笑っていただきたく、単になるほどと思っていただきたく、単にトリビアとしてお楽しみいただきたく、ネタをしたためております。
実話がほとんどですのでそういったリアルさも少々お楽しみいただければと思います。一日2ネタずつお読みいただければ、かつてのネタと新ネタと徐々に楽しめるかと存じます。



今回のご案内は、新年初頭は少々更新ができないというご挨拶でございました。
[PR]
by dc2keeper | 2005-01-01 11:43