がっつりネタふり


by dc2keeper
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ITSでは携帯の方が強い

皆様こんにちわ

直下型エレベータで脱線するDC2Keeperです。
皆様いかがおすごしでしょうか。

私は風邪とストレスに病んでおります。


ITSの世界が動いている。それも自分の想像を超えて。いや、そうでもない。どっちでもいい。

ITS世界会議なるものが開催されていた。されていた。というのが悲しいが、まあしょうがない。

ちょいとこのホームページは見づらいので見る気がしないのも自動車業界ならではか。なにはともあれ見てみようと思っても、英語だよ…。

という感じで、ITSは「世界」会議が開かれる規模でとっても盛り上がっているのでびっくり(そこ、英語読めよと突っ込まない)。ちょっと見る気がしなくなるほどの情報が各種寄せられている。論文を提出しなさいというクラスの会議である「学会」に近い話なんだろうね。(実際論文提出期限のようなことが書いてある)


そして、ちょっと待て待て、以前紹介した国土交通省のページではなくて、こちらがどうやら日本のオフィシャルのトップのようだ。ITS Japanという団体があるのだ。http://221.242.132.85/~its/japanese/links/online.htmlのリンクを見ると世界の広がりが思いやられる。(IPアドレスも何とかならんのかな…。これ)

世界会議に参加している企業を見ると各社が本気になっているのがうかがえる。うーむ。自分の仕事との思いがあいまみえる。


なんかテンポが悪いので、ちょいと仕切りなおしして、普通に話をしよう。

ITSに関する技術や考え方は技術の正しい進み方であるが一番の課題となっているのがハードウェアの普及であり、またユーザーの理解と背中合わせの問題ともなっている。

実際、自分のようなサイバー世代はその恩恵に対して理解ができるのは当たり前だと思うが、そんな自分の友達でもパソコンに10万円かける気も無い奴がいるのだが、そんな人たちがITS機器を買うとは到底思えない。(もちろんその人もサイバー世代である)

そこで、業界が注目しているというよりも時代の流れとして、携帯電話が一番にITSの市場にユーザーを巻き込み切り込むことになりそうだ。

確か、今年から、道路交通法が改正され携帯電話を触ることさえまずい状況となっている。(参考1, 参考2 11月1日施行って開始してなかったんかい。)ただ、このことでユーザーが不便に思ったらその人たちはそれだけでITS予備軍と言える。携帯電話の市場はいろいろな業界へ侵食をしているが、日本ならではの市場が広がりそうだ。


そんなこんなで、コンピュータ業界のデスクトップ市場を飛び越えて携帯がITSに突っ込んでいる状況に、机で仕事をしている自分が少し切なくなる今日この頃でした。




こういう商売する輩もいるんだな。ITSの流れを数字で知りたい方はこちらへどうぞ。僕は経済屋さんでも金融屋さんでもないのでそういう計算はしないが、15万って。仕事でもないのにかじってごめんよ。予測ってお金がかかるのね。
[PR]
by dc2keeper | 2004-10-27 16:06 | ビジネス