がっつりネタふり


by dc2keeper
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2ch, Google に見られる情報の質の変化

こんばんわ

まじめなネタを書いても良いのか迷っているDC2Keeperです。


ネットサーフィンしていて気付いた、Blogがインターネットの情報に対して与えている影響について書き記してみる。

よく知られているように、googleは単にキーワードをインデックス化するだけではなくページの重み付けを行っている。(google検索についてはここ)

この情報の重み付けの方法が正しいか少し考え直す必要があると思っている。Blogを利用すると手軽にWebページの更新を行うことができる。Googleをはじめとする数ある検索の技術はここまで手軽にWebページの更新がなされることを予測していたのだろうか。正しくはNoだと思う。インターネット情報量は時間が経つにつれて確実に増えるが、その内容にまでに踏み込んだ整理を行うことは過去の時点、少なくともGoogleが一世を風靡した時点ではできていなかったはずだ。

無料ホームページがインターネットで登場した頃に比べると、自分が作ったBlogがGoogleで検索されてくる速度は圧倒的に速い。また、圧倒的な情報量に通常のホームページ、Webサーバー運営がままならない状況となってきている。()

必要な情報が効率的にヒットする確立は圧倒的に少なくなる。MSNのサイトはしばしばアクセス不能になる。ネットの速度が遅いからこのような事態になるというだけの問題ではない。

結果的にインターネットで検索するユーザーは現状ではあくまでテキストデータを検索しており、検索にはキーワードを入力する。ただ、「はてな?」のようなサイトが簡単に構築できる今、ひとつのキーワードから欲しい情報を得ることができるだろうか?


同じ現象が、2chにもいえる。手軽に技術がない人でも参照でき、発言できた2chは不特定多数の匿名の書き込みを制限なしに受け付けることで圧倒的な情報量を持つ、インターネット文化のようなものとなった。

裏情報を得ようと、2ch に行って見たものの、そこに書き込んでいたユーザーはまだいるだろうか?セキュアなやり取りさえも手軽にできるようになったBlogのサービスに少なからず情報発信者が流れているはずだ。


簡単な情報発信は一見、自己表現が簡単にでき、自己実現のためにはよいツールのように思える。ただ、インターネットという情報の母体に必要のない情報があふれてしまっていることに気付いていない。Blogは、情報発信はするが情報を受け取らなくなっていく層をどんどん作りこんでいることでもある気がする。一定のサイトの更新情報のみ受け取るようになると自由にWebサーフィンしていたユーザーはそちらに時間を使うようになる。

公私共にWebにお世話になる私としては、仕事の面でひとつ課題ができている気がしてならない。


と少し熱くなってしまったので綺麗なお酒のビンでも眺めましょう。
写真はジン好きの人が必ず紹介してくれる、ボンベイサファイア
b0041628_2165463.jpg
[PR]
by dc2keeper | 2004-10-11 02:19 | Blog, ネットビジネス