がっつりネタふり


by dc2keeper
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログの脆弱性

みなさまこばわちわ
おやじガールDC2Keeperです。


ブログが持っている脆弱性について語りたいと思います。
まえふりが、いかにもうざそうですね。


このサイトを見ているとわかると思いますが、トラックバックスパムにやられています。これこそが、ブログの弱さなのです。
これに対処するために、いろいろ制限をかけるとブログのよさがひとつ失われてしまう。
そこで会員制にする…。と、くだらないいたちごっこが始まります。


さてはて、ブログをやり始めたときに、相手のコメントを待ち受けているなんてすごいセキュリティが甘い!と思ったものですが、まさしくそのまんまの現象が起こってしまっています。
こうした、自ら被害を受けるために窓口を空けるという仕組みは、ブログに始まったことではありません。

すでにお気づきの方もいるかと思いますが、メールは古くから、間口を広くしているインターネットの仕組みのひとつです。メールアドレスさえわかればいくらでも相手に一方的にメールを送ることが出来ます。


さて、ブログとメールの違いは何でしょう。

この攻撃の影響が、一人ではなく、多くの場合、そこに訪れる人にも影響すると言うことです。
トラックバックスパムで荒らされたホームページは見栄えが崩れ、効果的な議論の場を壊します。

この脆弱性に対して攻撃を受けている人が正しく対処するには、次の一点が必要と考えられます。
「攻撃されていることを利用者に気づかせない」
この対処が出来れば、ブログのシステムを維持することが出来ます。
これが出来ないようであれば、少なくとも、ブログは商用の道を歩むことは出来ないでしょう。


今、知り合いに、ホームページの作成についてアドバイスすることがありますが、ブログをお勧めできない一番の理由は、この自らが持っている情けない仕組みが大きなところです。


実は、従来通り、コメントのつけられる掲示板と考えて利用するのが一番効果的な利用方法に近いのかもしれません。
[PR]
by dc2keeper | 2005-03-14 01:38 | Blog, ネットビジネス