がっつりネタふり


by dc2keeper
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログのよさを一言でまとめる

みなさまこんばんわ

酔っ払いの吐息で酔うDC2Keeperです。
深呼吸したら失神しそうになりました。


さて、前回お題から、ブログを人に紹介しましょう。実践編です。
ブログをやっている方がいらっしゃいましたら、前回のお題も読んでみてください。


さて、ブログを説明しろって言われたんです。いや、そもそも私が、「今、ネットではブログだよ」なんて言っちゃったことから始まってるんですが。で、説明しにかかるときにくぎを刺されました。「やりたくなるように紹介してよ」と。

そうです。普通に説明をはじめても、技術的な説明と大差が無い可能性がある。むしろつまらない説明になる可能性がある。

普通に説明するとこうなってしまう。

「インターネットで掲示板を書くように文章を入れるだけで日記のようなホームページが出来上がる」



ふむ。
あれ、意外といいんじゃないの?

あれこれ、身構えずに普通に答えりゃ良かったな。


しかし、まてまて、やりたくなるように書いてあるかな。と言う視点で見直す。
あ、そうか、ひとつキーポイントがある。「その人がホームページをやりたいかどうか」だ。

目的に応じてこのメリットの部分を取り替えないといけない。

自分のように、日々コンピュータの仕事をしているならばとりあえずやり始めてしまっても最低限どんな文化なのか、技術なのか知ることが出来て有意義だが、商売をはじめたい人に日々日記を書かせてもしょうがない。

じゃあ、こう質問しよう。


「インターネットで何がしたいの?」


よし。



あれ?なんかおかしいな。

ちゅーかその人はまあ、別に何かしたいわけじゃないかな。
なに押し付けてんだろ。

最低ビジネスになるとして考えたところで、フリーのブログをやり始めることに意味って…。
あれ、意外とないのかも。


---------
さて、自分の答え。
かなり難しい詰め将棋だなこれは。
自分の出だしが失敗している。
1手詰め(一言で説明せよ)じゃもともと無理な話かしらこれは。

手順はこうだ。
自分:「ネットでは今ブログが来てるよ」
相手:「ブログってなに」
自分:「ブログって言うのは…」
相手:「やりたくなるように説明して」
自分:「自分は、ホームページで自己表現したいと思っているんだけど、ブログは表現するまでの時間がとても短くていいんだ。」
相手:「ふーん」
自分:「でも一方通行の表現ではなくて、他にブログをやっている人がいれば簡単につながることができるんだ」
相手:「へー」
自分:「通常のホームページと違って相手のコメントに対する意見を自分のホームページに掲載すると相手がそれに気づくシステムがブログにはあるんだ」
相手:「へー」
自分:「だから、興味のあることについて語っている人がいたらそれに自分のホームページから参加することができる」
相手:「へー」
自分:「そうやって次々といろいろな人の意見が集まったりする新しいコミュニケーションの場なんだ」


さて、「へー」とか「ふーん」とか言ってるところはまだ言っていないからどうなることやら。
ちょっと長いかなと、心配。

みなさんならどうやって紹介しますか?
私は、こんな感じで実践してみようと思います。


一言で楽しそうに説明するなら…。



「ネットで俺とつながろうぜ!」


うわ。
やばい。
[PR]
by dc2keeper | 2005-02-19 00:50 | Blog, ネットビジネス