がっつりネタふり


by dc2keeper
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

コンピュータの仕事とは。再考

みなさまこんばんわ

鼻水が止まらないので飲むDC2Keeperです。
循環してます。


コンピュータの仕事について考え直している。考え直す出来事がいくつかあったためだ。


技術力をつけたいと思っている反面、会社の仕事を回すためにとりあえず作業をする日々。
でも、この仕事はこれはこれで楽しいのだ。

しかし、3年後どうなっているかとても不安になる。

再就職をした自分は、業界では一旦買ってくれた状態である。
しかし、3年後、3年分の技術力がつく仕事かと問われるとYesとは答えられない。


代わりに「実績」を答えることになるのだろう。



次に、
今、仕事をしないかとお誘いを受ける。
自由な発想で仕事を任される。社会人として一人前になればなるほど、コンピュータの仕事は自由にできるものになる。例えば、会社はどの会社でも良い。コンピュータ化できるところはコンピュータ化すればよいのだ。しかし、これは、学生では出来ない。ビジネス上のセンスがいる。だから、社会人を普通にできればできる仕事である。

コンピュータの技術とは縁が薄い会社だとこういう話に目がくらむ。
逆に、技術力を磨くことが出来ていれば迷うことはない。


これとは違うところで…、
自分の将来を考える。
目標とかそういうものを持つ必要がある。なぜなら、結婚とかそう言ったことを前提にいれると何を目的にお金を稼いで生活をするかという計画に現実味がないとだめだからだ。
技術力を磨く仕事というのは一概には無いといっても良い。技術力を磨くのは個人の努力にかかる部分で会社はとりあえずお金儲けをさせてもらえればよいと思っている。そんなもんだ。これまで通り遊んで暮らせば同じ技術力で細く長く食っているだけに過ぎない。ただ、それでも仕事は続けられる。結婚のためならそういう選択もありえるだろう…。



今、技術者という名ばかりの仕事をさせられている若者は(年を食った人でもそうかもしれないが)みんなこんな悩みを抱えているはずだ。


コンピュータ業界のことをあまり知らない人のためにひとつだけこの悩みの根本にもなりうる真理を伝えたい。

コンピュータ業界はそれそのものでお金を生み出す仕事ではないのだ。お金の多くは他の業界から吸い取っている。
例えば、旅行代理店という業務があればこれを効率化することは出来てもコンピュータだけではこの仕事は生まれない。お金のなる木というのは他の業界にこそあるのだ。
コンピュータがコンピュータだけで仕事ができるというのは、例えば、マイクロソフトがジャストシステムにOSを売ったというような場合だ。お互いがIT企業である。しかし、ジャストシステムはワープロを使って仕事をしているところにソフトを売るという会社の仕組みを持っている。

技術の粋を極めると言ってもいろいろな業界に広がり、そこ専門の知識が不可欠な仕事が多いのだ。

ジャストシステムにしてみれば、技術力の前に日本語力が必要だと言える。こうした、技術力以外の知識というのは必要不可欠であり技術力よりも優先されることが多い。
だから、多くのコンピュータを使って違う業界で仕事をしている人は、業界の知識を覚えることに必死でコンピュータの技術は追いづらい状況が生まれる。



なんか、自分の時間を使って技術を追わないとだめだなー。
近い将来の目標自分で立てて自分で実現しないとなー。

そう思った今日この頃でした。
[PR]
by dc2keeper | 2005-02-13 23:26 | コンピュータ、プログラム