がっつりネタふり


by dc2keeper
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

巨人IBM PC、AT 互換機、散る。ゲートウェイ再展開

みなさまこんばんばん

Microsoft .COM Framework DC2Keeper Death. アルファベットばっかりや。



IBM が PC 事業を中国の会社に売却した。PC 事業からの利益は、株を 18.9 % 取得しているので引き続き得られるとのこと。

買収したのは、聯想集団有限公司
読めません。
Lenovo という英名を使っている。ブランド名か?これからの展開次第では期待するが、とりあえず IBM PC のブランドも地に落ちてしまうことだろう。




IBM PC がこの世からなくなるのですよ!!!
コンピュータの歴史から考えるとすごいことだ。

AT 互換機といわれて久しい、PC 市場。その歴史の一ページが幕を閉じたことは間違いない。IBM は PC からは収益を得られない魔の構図が出来上がってからというもの、それなりに収益をあげる事業にまで仕上げ維持してきた。ThinkPad は、今でも愛される好機種となった。そんな IBM PC もこのデスクトップ不況にあおられ、とうとう終焉を迎えた。
何年か前に、IBM が PC ではなくて、エンタープライズのサービス企業へと転換を表明したときがあったっけ。あのときから、足を引っ張る事業としてこの幕引きを計画していたのだろう。

-------------

そんな巨人 IBM の話とは対照的にこじんまりと私達には歓迎すべきニュースが。(一般的な中小企業からしたら大きな話ではあるが。)

もーもー牛箱のゲートウェイ2000、もとい、ゲートウェイが日本での販売に復帰すると言うのだ。

http://www.gw2k.co.jp
の公式サイトもすでにどっかに逝ってしまっているようだ。
いまは、
http://jp.gateway.com/
が公式のアドレスになるようだ。グローバル企業で最近流行りのアドレスである。



はやく帰ってきてくれ。



Gatewayキーボードのカバーで、Gatewayブランドのちゃんとしたカバーを買ったのだが、撤退したおかげでよれよれになったあと、買い換えることができなくなっていた。ただ、グッズの展開とかをしようとして前回は失敗していたのでモーモーグッズが出てくるかはわからない。ただ、現在の社長は昔のダメ社長よりはよい仕事をするのだろう。(当時のゲートウェイ撤退事変は、決して悪くないのになぜか撤退するといった印象がとても強い幕引きだった)

ある社員が語る“ゲートウェイの最期”
http://www.itmedia.co.jp/news/0108/31/gateway_interview_m.html


IBM の二の舞にはならないで欲しい。
[PR]
by dc2keeper | 2004-12-08 19:24 | コンピュータ、プログラム