がっつりネタふり


by dc2keeper
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

iPhoneがすごいね(遅い?)

iPhoneはじめてます
DC2Keeperです。

iPhoneについてはじめてブログで記事書きますが。
(信頼度がないと記事の信憑性がない?!…iPhoneデベロッパー見習いです。
これくらいで許してください。)


熱は覚めやらぬでしょうか。
次から次へと、appleの新機種(Nano)導入で、apple熱が収まらない感じですね。

ブームな理由を整理…。またこのデバイスがどういう立ち位置なのか書いてみたい。

iPhoneはiPodという携帯音楽端末(ウォークマン)とかの後継機種です。
iPodに携帯電話の機能を載せたものがiPhoneです。
appleというマッキントッシュ(マック、Macintosh)というPCを作った会社の製品です。
マックファンのみならず、iPodファン層がそのままiPhoneにも興味を示していることが多いです。

この機械に注目するユーザー層は、携帯+Mac+iPodという3つのキーワードに引っかかる人全てがターゲットになるということでしょうか。
機能、使い方に着目して書き出すと
iTunesという音楽を配信するソフトに対応しています。
App Storeから追加でソフトウェアが配信されます。
画面をタッチする動作で操作可能です。(ボタンが一つしかありません)

これだけで、ブームの原因をある程度網羅しているような気がしますが、
あくまで紹介の範疇です。



立ち位置ですが、
携帯端末というものはノートパソコンに始まり、携帯電話が普及し…
同時にザウルスがあり…
といろいろあったと思いますが、あくまで携帯できる端末のカテゴリであることには変わりありません。

バッテリー稼動時間は携帯電話の方に軍配が上がるかもしれません。
しかし、ユーザー層、共通性が他の携帯端末と比べ異色であると考えます。


まず、ユーザー層。
Appleファン、Macファンの中にはデザイナー職の方がいる。
デザインにこだわる方が多いんですね。
そういった方を満足させるデザインを意識している。
また、App Storeから配信されるアプリケーションも、Macで動作しているものを
移植して作ることが可能です。Macユーザーが好きなもの=デザインが踏襲しやすいものということです。
また、そういうユーザーが使うであろう画面をユーザー自身が作り上げる意識がある。
かっこいい画面じゃないと使ってもらえない。
これがベースにあります。

そして、共通性
デザインにこだわった携帯電話はたくさんありますが、
世界共通の電話はなかなかありません。iPhoneが唯一じゃないでしょうか。
Windows OSは世界共通ですが、NECの携帯は日本にしかありません。
そういうことです。
世界中のiPhone開発者をやる気にさせる。app storeが充実する。ダウンロードする人が増える。
この開発者にとってのサイクルがそのままブームになります。

立ち位置で忘れてはならないのは、他に同じようなものは無いの?ということですが、
今、一攫千金を狙うなら、Androidの名前があがると思います。多分、模範解答です。eeepcをはじめとするNetbook、携帯電話(docomo)で搭載が開始されています。
他にもWindows Mobileや、日本市場を見ていないならPalmも研究の余地はあると思います。
どれも一言で説明できないコンセプトがいろいろありますので、機会があれば別に記事を書きたいと思います。

全てではないと思いますが、ある程度整理しました。


ここで再度問題。

ユーザーにとってのメリットはあるのでしょうか。
答えは微妙ですが、「ある」と説明する場合。

確かにあるのです。
利用する機能が無い時はApp Storeからダウンロードする。
これに限ります。


「ない」と説明する場合。
携帯電話のみの機能でよいという方がそれに当てはまるのではないでしょうか。
ボタンで押せない以上、操作が既存の携帯電話とは違います。
使い方が難しいかと思います。


ただし、そういうユーザーも
Google Mapで現在いる場所を検索して
という使い方を覚えた時に果たして、メリットがないと
言い切れるでしょうか。

一種の感動がそこにある気がします。

iPhoneは本体の前面80%は画面です。
フォトフレームとして利用するだけでも十分な気がします。
日本の携帯電話カメラと同じ画質を求めたらだめですが、
画面の大きさは感動できますよ…。

iPhone
[PR]
by dc2keeper | 2009-11-04 21:58 | コンピュータ、プログラム